【プロが教える】在宅ワークスペースにおすすめの家具メーカー Bo-concept

funiture

リフォームプランナーのhanatomoです。
このブログは、お客様に好評だった提案をご紹介しつつ、これからリフォームを検討する皆さんのお役に立てるようなコンテンツを配信しています。

2020年から在宅ワークが増加の傾向ですが、ご自宅のワークスペースについてお悩みはありませんか。

コロナ禍以前から、ご主人様のワークスペースや奥様の家事コーナー、お子様の学習スペースなどプランニングをご提案してきました。
最近はより需要が多くなり、
『いかにストレスなく仕事ができるか』が大切だと考えています。

そこで、明確なコンセプトを持ってオフィス家具の提案をしている家具メーカー
Bo-Concept ボーコンセプトをご紹介します。

ストレスなく働く というキーワードを軸にご提案しただけるメーカーです。
家具を設えることで空間の見栄えがよくなるだけでなく、ぐっと機能的になりますよ。

以前、セミナーを受けてショールームやオフィスの見学をさせていただきました。
その時のレポートをご紹介します。

Bo-concept(ボーコンセプト)

HYGGE (ヒュッゲ)

突然ですが、
HYGGE (ヒュッゲ)】 という言葉をご存じでしょうか。

f:id:hanatomo17:20210314133819j:plain
【デンマーク コペンハーゲンの風景】
【HYGGE ヒュッゲ】とは…

デンマーク語で
「人と人とのふれあいから生まれる温かな、居心地の良い雰囲気・時間・空間」


この言葉が表しているように、デンマークは世界幸福度調査でもトップクラスにランクインされています。

f:id:hanatomo17:20210314134505j:plain
【デンマーク コパンハーゲンの街並み】

デンマーク人の幸福の秘密である 【HYGGE】

こちらのメーカーでは、この 【HYGGE】をテーマとしてオフィスの設えに取り込み、Live officeとして提案しています。

幸せには短期的な幸せと長期的な幸せがありますが、長期的な幸せを追求するとき、暮らしを整えることが人間にとって大切だということです。

また、デンマークでは、暮らしの至るところにアートがあふれて暮らしを彩っています。
北欧の生活習慣として、外食が進んでないことも要因で、家で過ごす時間を大切にしていることが伺えます。


☑ 手に届くラグジュアリー


☑ 暮らすように働く

☑ 暮らしを彩る家具・小物の置き方に数式がある

以上3つの項目が、デンマーク人の暮らし方のポイントと言えます。

さて在宅時間が増え仕事の仕方が変化しつつある時代背景において、
『家でいかに心地よく仕事ができるか』という問いへの回答がショールームに詰まっていました。

現在(2023年10月時点)では、SNSでもルームツアーやデスクツアーなど配信が人気なので、デスク廻りを整える一つのヒントになればと思います。
見学時はまだコロナ禍ではなかったのですが、よろしければ参考になさってください。


それでは、東京・青山4階にある、【Live Office】をご紹介します。

Live Office 見学

エントランス


ホテルのラウンジのように、ゆったりとしたチェアーと小物が置かれた本棚、そして天井の間接照明に、優しく迎えてもらえます。

【エントランス】

多目的スペース


ランチやカフェもできて、ミーティングにも利用できるカジュアルなスペース。
ピンクのソファを採用したことで、和む空間を演出しています。
こんなくつろげるスペースで打合せをしたら…リラックスしてナイスアイディアが出ること間違いなしかもしれません。

f:id:hanatomo17:20210314123151j:plain
【多目的スペース】

ラウンジ&ワーキングスペース

【ラウンジ&ワーキングスペース】
中央のソファのサイドと、奥にワークスペースとなっています。
中央のソファでくつろぎながら話しをしたり、アイディアを作ったり…と働き方は自由。
空間の作り方で、モチベーションも変わり、働き方もリニューアル!できそうな気になります。

【ラウンジ&ワーキングスペース】

仕切りとしてのチェスト


ソファーとワーキングスペースは、この様な高さの低いチェストで緩やかに区切られています。
全体にオープンな空間でいながら、エリアを上手に分けています。

f:id:hanatomo17:20210314131836j:plain
【チェスト】

パントリー


こんなおしゃれなカウンターと照明のパントリーは、見たことない!?
向かって右側には、ソファーとテーブルがレイアウトされていて、ゆったりとランチやカフェが楽しめます。オフィスでの食事が楽しみになりますね。

【パントリー】

管理職オフィス


自宅の書斎のような設えで、Home officeの参考になりそうです。
照明ペンダントにして、優しい光を演出。
ブラックの家具がモダンで、空間を引き締めています。

f:id:hanatomo17:20210314130735j:plain
【管理職者のオフィス】

役員のオフィス


こちらも重厚感はなく、すっきりとした住宅の書斎のようなオフィス。
家にいるように、くつろぎながらお仕事ができそうです。

f:id:hanatomo17:20210314130220j:plain
【役員のオフィス】

まとめ:『暮らすように働く』 Live Office

今回ご紹介したのは、

東京・青山ショールーム4階にある法人向けのオフィスショールームです。

2018年10月末時点の情報になります。
その後2020年6月1日にリニューアルオープンしています。

現在は、【Live Office】をバーチャルで見ることができます!

★Bo -Concept (ボーコンセプト)【Live Office】

オフィス以外のショールームは、建物の1階のフロアにあります。
そちらもBo-ConceptさんのHPから、現在は、バーチャルで見ることができます。

仮想ストアを訪問 | BoConcept

『暮らすように働く』

こちらのオフィス提案の思想は、住宅の要素を盛り込んでいるので、在宅ワークのためのスペースを作る際に参考になると思います。
スモールスペースであっても、自分好みにカスタマイズしたいですよね。
そんな方の参考になれば…幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました